こどもたちのワークショップ

子どもたちの感覚を養う。

パリの子どもたちは小さな頃から先生に連れられて
美術館や博物館、町のアートに触れて、
自らの感覚を養っていました。

ピカソの不思議な絵の前に三角座りをして、
「人の顔なのか」「動物なのか」
「怒ってるのか」「笑ってるのか」
など小さな頭で考えたり、
絵の隅に描かれたちょっとした遊び心を発見したり。

どう思うか、何が正しいか、なんて人それぞれ。

決まり事から解放して、
自分だけの感性を見つけていく。

              そんなワークショップができたらいいなと思います。




前回のワークショップ

♥色々な布の素材、柄に触れて好きなものを選ぶ。
♥布に合うリボンを選ぶ。(色彩感覚を養う)
♥一枚の布が立体になることを理解。

photo